エキストラの誕生はそんなにないかも

NHKの「あま君」のときも一般のエキストラとして、ボランティアですが、集客を通じていました。
「あま君」と比べてみても、「献立さん」は、家のなかの実態が多い、通称、ホームドラマなので、エキストラの発売はそんなにないかもしれません。
ですが、試合は大正から昭和ですから、当時の見てくれを撮影するために現地のヤツが必要になるケースもあります。
「古くさい衣装を着て集まってください」など、突然のエキストラ募集もないとも言えませんので、見込下さい。
ひょっとしたら、主人公の杏さんに会えるかもしれませんね。

さて、姫路ロケでは、主人公の幼少時代役が撮影されていました。
主人公の子供の内を演じるのは、豊嶋花さんです。
赤い衣装を着た、愛らしい豊島花さんが、イチゴを食する階段があるそうですが、主人公は小さい頃から食することが大好きだったそうで、それが聞けるようなエピソードがあるようです。
面白いことに、そういった姫路ロケは、当初は「献立さん」のロケ題材として設定されていなかったそうです。
ですが、「ひょうごロケ支援ネット」という繋がりとして実現されたそうでうす。
姫路フィルム報酬というところから、「趨勢、ロケ題材に」という提言があって、ロケが実現されたということです。
こうして、ロケ要素の誘致活動にも力を入れて増える田園があるのですね。
確かに、NHKドラマに使われた部位は後、著名になりますから、表通りおこしにも繋がりますよね。
自然に囲まれた姫路のロケ題材も、丸ごと可愛いフィルムで表現されていますので、現地の方も企てが喜びでしょう。

杏さんが主人公役を演じることになった、NHKドラマ「献立さん」、みなさんのお茶の間も話題になっていることでしょう。
このスピーチの主人公は、何より食することが大好きな女房で、おうちは東京の洋食屋さんです。
こんな主人公が、大阪に奥さんに行くことになります。
美味しいものを食べさせてあげたい一心で、嫁ぎ先の大阪にて、料理に取り組むのですが、大阪と東京では味つけ心違っていますよね。
そんな大阪の食俗習になんとか触れて、俗習ミステリアスを受けながらも、成長する主人公。
もうすぐパパの一家といういい交際をつくりあげていくという話だ。
こちらは関東の発育なので、大阪の食俗習はよっぽどデータがありません。
私も大阪に奥さんに行ったら、断じて、主人公のように戸惑ってばかりいると思います。
関西のヤツがどういうごちそうをしているのか、ドラマを見ても勉強になりますよね。

では、このNHKドラマの言い方になっている「献立さん」は、如何なる意味があるのでしょうか?
ちなみに、前作「あま君」は、海女さんって、天野アキという主人公の冠を掛けていたようですね。
「献立さん」という触れ込みを聞くと、「ごちそうさまでした」というセリフの関西弁としても考えられますよね。
関西ヤツはメニューの上「献立さん」と言いますが、それとは違うのでしょうか。
どんな意義を込めた言い方なのか、気になって、ドラマの標記「献立さん」について調べてみました。