ルネサンス時代のバロックアートを中心

多くのツーリストが訪ねる花盛り都心「ローマ」は多くの名勝があるイタリアの都心です。
そういったローマに広大な公園「ボルゲーゼ公園」があります。
80ヘクタールという庭園がある公園でその中に「ボルゲーゼミュージアム」があります。
イタリアにおけるミュージアムの中でも有数の本数といった作品周辺を誇っていらっしゃる。

ルネサンス時代のバロック美術を主としてコレクションして展示していらっしゃるミュージアムです。
撮影はボルゲーゼわが家が行ってきたものです。
突破当初はボルゲーゼうちの別荘でした。
現在のようにミュージアムとして披露が始まったのは1902時代のことです。
家屋の1フロアに彫刻、2フロアに絵図があり、著名なミュージシャンの作品もたくさんあります。
広場通算は少ない結実、2時間もあればめぐることができます。
日本語愛想の雑音教材はなく、英文のみです。
業者に日本語の教科書がある結実、先にそちらを買ってから見てまわるというわかりやすいと思います。

<開館中>
・2中ごと、真配置制になっています。
配置の半前にはミュージアムに到着して、目線で配置値を触れるといった入場券を貰う必要があります。
時間厳守なので注意してください。
・火曜日から週末。
・9フェイズから19フェイズまで開館。
・入館額は11ユーロ。

<展示されて起こる主な作品>
・ベルニーニの「アポロンってダフネ」、「プルートというプロセピナ」。
・カノーヴァの「繁栄の大神」。
・ラファエロの「一角獣を抱く貴婦人」。
・ミケランジェロの「病めるバッカス」。
・カラバッジョの「馬丁たちの聖母」。

個性お伝え地域のミラノはイタリアの中でも人気の都心で、年々多くの人が訪れます。
ミラノにおける「ドゥオモ」はミラノで有名な名勝です。
イタリアを代表する教会で、500万人というカトリック追っかけがいると言われています。
ドゥオモのルックスはとても見ごたえがあります。
5世紀もかけて建てられたゴシック建築で、135の尖塔があります。
尖塔の片隅全てに1ヒトずつ聖人が来る。
ナンバーワン有難い尖塔の上にはマリア像があります。
ドゥオモは屋上へ、歩行かエレベーターが上がることができます。
屋上へ登るには入場料金が6ユーロかかります。
エレベーターを使うって10ユーロです。
このドゥオモのお隣の広場におけるのが、ドゥオモミュージアムです。
ミラノを支配してきたヒトが、民家として使っていた家屋を改修してある。
家屋内には市立世の中ミュージアムも入っています。

14世紀から20世紀にドゥオモセットクラスが作った工芸雑貨があり、美術雑貨も展示されている。
気象により負けを受けないように、ドゥオモの鐘楼、洗礼堂のアート雑貨がミュージアムに収蔵されています。
ミュージアムの1フロアには、ファサードにあった「アルノルフォ・ディ・カンビオ」が作った彫像があります。
2フロアには、「ミケランジェロ」の「ピエタ像」があります。
ドナテッロの「三体の彫刻」もあります。

<開館情報>
・月曜日から金曜日。
・9フェイズ半から17フェイズ半まで、土曜日は17フェイズまで、週末という祭日は13フェイズ半から15フェイズ半。
・入館額は2ユーロ。
ミサの時間は休館になるので注意してください。